情報社会におけるラグジュアリー

WIRED NEXT GENERATION 2018

ブックチューバーとは何か

「ブックチューバー」「インスタポエトリー」──これらの言葉を、WIREDのイベント『NEXT GENERATION 2018』に参加して知りました。

どちらの言葉も、自身がBookTuberでもあるアリエル・ビセット(Ariel Bissett)さんのセッションに出てきました。

アリエル・ビセット BookTuber ブックチューバー
Ariel Bissett

ブックチューバーは、書評するユーチューバー。アリエルさんのYouTubeチャンネル登録者は、14万人もいます。

アリエル・ビセット BookTuber ブックチューバー YouTube
Ariel Bissett / YouTube

動画を見てみると、感情表現豊かで、テキストによる書評とまったくの別物とわかります。彼女が撮影をはじめたのは、16歳の時だそう。

インスタポエトリーとは何か

一方の「インスタポエトリー」は、インスタに投稿された短い詩のこと。ハッシュタグ「#instapoetry」には、200万以上の投稿が集まっています。

instagram インスタポエトリー instapoetry
アリエルさんのプレゼンに載っていたMorgan Harper Nicholsさんのフォロワーは25.8万人

「ツイッター文学」同様、「ブックチューバー」も「インスタポエトリー」もテクノロジーが新たに生み出した活字文化です。

アリエルさんは、プレゼン終盤にグーテンベルグの印刷機をスクリーンに投影し、グーテンベルグのようにスマートフォンが本を読む人を増やすのではないかと話していました。

WIRED アリエル ビセット BookTuber

コミットしているから楽観できる

グーテンベルグのようにスマートフォンが本を読む人を増やすのではないか

アリエルさんのこの言葉を聞いて、セッションの前にWIRED編集長の松島さんが、ポジティブな人たちは、問題にコミットしているから楽観的になれると話していたのを思い出しました。

これを自分に置き換えると、僕はいったい何にコミットするんだろう(しているんだろう)と考えずにはいられませんでした🤔

情報が氾濫する時代において、究極のラグジュアリーとは意味と文脈だ

WIRED創刊時のマニフェストには、こんなことが書いてあるそうです。

いま僕らが直面する情報の問題は氾濫だけにとどまらず、質の問題、それから分断や格差の問題へと悪化しています。僕がまだこの状況を楽観できていないのは、コミットし切れていないからに違いありません。

使命を自覚する

WIRED最新号の「Editor’s Letter」に、〈社会〉と〈経済〉〈テクノロジー〉の関係を表した一文がありました。

経済の主要なアップデートである産業革命を起こしてきたのは、何よりも活版印刷や蒸気機関や電気といったテクノロジーによるイノヴェイションだった。〈経済〉がその上部構造である〈社会〉を規定するといったのはマルクスだけれど、その〈経済〉を規定する下部構造として、テクノロジーはあり続けた。

社会 経済 テクノロジー 関係

ここでいうテクノロジーは、デザインと置き換えることもできると思います。さらに、各層の先頭に〈情報〉とつけると、僕がやりたいことに近づきます。

情報社会 情報経済 情報テクノロジー

〈情報デザイン〉を通じて、〈情報経済〉〈情報社会〉をよりよい方向に導くこと。これが僕の使命なのだと自覚できたイベントでした。

世界をつなげる方法

もうひとつ今後に向けてヒントになったのが、木原共さんのセッションで紹介されたプロジェクト「ストリート・ディベーター」

「物乞い」は助ける人と助けられる人という構図を生み、人の尊厳を損なう。そんな問題意識から生まれた取り組みです。

「物乞い」にお金を渡す代わりに、「ベーシック・インカムに、賛成? 反対?」「次の大統領にふさわしいのは、ヒラリー? トランプ?」といった問いかけに対し、道ゆく人はお金を投票します。

street debater ストリート ディベーター
Street Debater

「ストリート・ディベーター」はてんびんの形をしていて、投票が多い意見にお皿が傾くようになっています。

「物乞い」に代わる稼ぐ手段を提供しただけでなく、投票を促されることで、社会問題と向き合う機会や議論・対話のきっかけが生まれるのがこのアイデアのすごいところ。
🗞「物乞い」の行為をデザインする

WIREDのマニフェスト「情報が氾濫する時代の最高のラグジュアリーである意味と文脈」で言うところの、「意味」「文脈」をその場に発生させます。

WIREDのイベント『NEXT GENERATION 2018』を通じて、GoogleやFacebookら巨大カンパニーと異なるアプローチで〈情報社会〉を豊かにする道が、オンラインにもオフラインにも、まだまだあると感じることができました😌