もうひとつのワールドカップ

サッカー ワールドカップ 2018 ロシア イラスト

はじめに

ワールドカップ開催中、僕が観た試合がたまたまなのか、赤色のユニフォームが多い気がしました。

気になって、調べてみたところ、アルゼンチンやナイジェリアを何色と考えるかはあるものの、それを抜きにして、一番多かったのが白。二番目が赤でした。

ワールドカップ 2018 ユニフォーム 色

つぎに目を向けたのが、ユニフォームのブランドです。

2ブランドで約70%

出場32チームで8ブランド。そのうち、アディダスが12チーム、ナイキが10チームと、この2ブランドで全体の約70%を占めていました。

ワールドカップ ブランド割合

優勝ブランドは?

このうち、ベスト16に進出したのは、半分の4ブランド。

ワールドカップ ロシア大会 ベスト16 ブランド

ワールドカップ ロシア大会 ベスト16 ブランド 2

日本 vs ベルギー、スペイン vs ロシアと、アディダス同士の対決がベスト16で2カードあった不運もあり、大会を制したのはナイキでした。

ワールドカップ ロシア大会 優勝 ブランド

ナイキの優勝は、2大会連続。アディダスは王座奪還ならずでした。ここ10大会の優勝チームとユニフォーム・ブランドはつぎの通り。

優勝国 ブランド
1982 🇮🇹 イタリア le coq sportif
1986 🇦🇷 アルゼンチン le coq sportif
1990 🇩🇪 ドイツ adidas
1994 🇧🇷 ブラジル umbro
1998 🇫🇷 フランス adidas
2002 🇧🇷 ブラジル Nike
2006 🇮🇹 イタリア PUMA
2010 🇪🇸 スペイン adidas
2014 🇩🇪 ドイツ adidas
2018 🇫🇷 フランス Nike
SOURCE: FIFA World Cup™ Archive

おわりに

ロシア大会は、試合結果以外にユニフォームに注目して楽しみました。

本記事のマイクロ・インフォグラフィックは、試合を観ているうちにつくりたくなったこともあり、大会中に手をつけられなかったアイデアがあります。

  • 背番号・選手名で使用されているフォントの比較
  • 選手の所属リーグ・所属クラブのランキング
  • 選手が生まれた国マップ

これらのアイデアの実現は、4年後のワールドカップや「ユーロ2020」などで挑戦したいと思います。