〈ドラッカー図解〉事業の発展に欠かせないこと

ドラッカー図解 事業の発展

本記事は、2010年5月公開の記事をアップデートして再掲したものです。

ドラッカー著『マネジメント』を図解するシリーズ、8話(全9回)。

今回のテーマ

前回の記事では、企業のミッションと事業の関係を図にしました。

今回は、そこで定義した事業を発展させるために欠かせないことをまとめます。

事業を発展させるには

始めた時は好調だった事業も、時が経つと陳腐化していきます。事業を発展させていくには、見直しをかける必要があります。

人口構造の変化や価値観の変化など、事業を取り巻く環境は刻々と変化するためです。

ドラッカー図解 事業の発展 1

事業を見直す際のポイントは2つあります。
ひとつは「変化にどう適応するか」で、もうひとつは「変化をどう機会にするか」です。

環境の変化を予測し、事業を再定義するまでの流れは次の通りです。

事業アップデートの流れ

ドラッカー図解 事業の発展 2

大事なのは、STEP3にある「やめることを決める」こと。

これをしないと、事業の見直しといいつつ、ただやることを追加するだけになってしまいます。

今回のまとめ

事業は定義しっぱなしにせず、環境の変化を見極めて、アップデートすることで発展します。

ドラッカー図解 事業の発展 3

事業の見直しをかける際はやめることをはっきりさせます。

次の記事:〈ドラッカー図解〉行動を決める際の2つの指針とは

ドラッカー図解シリーズ目次