〈ドラッカー図解〉マーケティングとイノベーション

ドラッカー図解 マーケティングとイノベーション

本記事は、2010年4月公開の記事をアップデートして再掲したものです。

ドラッカー著『マネジメント』を図解するシリーズ、4話(全9回)。

今回のテーマ

前回の記事では、ドラッカーの代表的なフレーズ「顧客の創造」とはどういう意味か、図解しました。

今回は顧客を創造するために必要な2つのアプローチ「マーケティングとイノベーション」についてまとめます。

マーケティングとイノベーションの違い

マーケティングとイノベーションはともに顧客の欲求に応えるものですが、それぞれ起点が異なります。

まず「マーケティング」は、すでに顕在化している欲求を満足させて、需要に変える動きです。

ドラッカー図解 マーケティング イノベーション 1

それに対して「イノベーション」は顧客自身が気がついていない欲求を創り出して、新しい需要をつくる動きです。

ドラッカー図解 マーケティング イノベーション 2

それぞれをもう少し見ていきましょう。

マーケティングとは

マーケティングのプロセスは顧客の欲求から始まります。

欲求に対して満足してもらえるような価値を提供するのがマーケティングです。

ドラッカー図解 マーケティング イノベーション 3

顧客は求めていた製品・サービスが目の前に提示されるので自然と買いたい気持ちになります。よって、ドラッカーはマーケティングは販売をなくすものであると述べています。

真のマーケティングは顧客からスタートする。(中略)「われわれの製品やサービスにできることはこれである」ではなく、「顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足がこれである」と言う。
(中略)
マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。(『マネジメント【エッセンシャル版】』より)

イノベーションとは

イノベーションはマーケティングのように顕在化した欲求に応えるのではなく、まだ顧客が気がついていない欲求そのものから生み出すものです。

古くはソニーのウォークマン、グーグルの検索エンジン、アップルのiPhoneなどがそれに当たります。

これらの登場により、人々は新たな欲求に気がつき、生活や行動を変えました。

ドラッカー図解 マーケティング イノベーション 4

企業の第二の機能は、イノベーションすなわち新しい満足を生みだすことである。経済的な財とサービスを供給するだけでなく、よりよく、より経済的な財とサービスを供給しなければならない。企業そのものは、より大きくなる必要はないが、常によりよくならなければならない。(『マネジメント【エッセンシャル版】』より)

イノベーションは、技術の発明にはとどまりません。既存の技術やアイデアに新しい用途、価値を見つけるのもイノベーションです。

たとえばスティーブ・ジョブズはiPhone発表の際、「電話の再発明」と語りました。すでにある3つの役割「iPod」「携帯電話」「インターネット端末」を一体にし、電話を電話以上の存在に変えたのでした。

マーケティングとイノベーション

「マーケティング」と「イノベーション」、この2つのアプローチによって、企業はその目的である新たな顧客(市場)の創造を果たせます(「顧客の創造」については前回記事参照)。

ドラッカー図解 マーケティング イノベーション 5

今回のまとめ

ドラッカー図解 マーケティングとは

ドラッカー図解 イノベーションとは

つづきを読む

次回は、マーケティングとイノベーションの成果を左右する生産性についてまとめます。
次の記事:〈ドラッカー図解〉生産性を上げる、6つの視点

ドラッカー図解シリーズ目次