〈ドラッカー図解〉マネジメントとは

ドラッカー図解 マネジメント 01

本記事は、2010年4月公開の記事をアップデートして再掲したものです。

ドラッカーが教えてくれたこと

働くって何?
組織とは?
マネジメントとは?

その意味を深く考えずに働いていました。ドラッカーの『マネジメント』を読んで、はじめて答えを持てるようになりました。

『マネジメント』の中でドラッカーは、個人と組織・社会の関係、マネジメントの意味を教えてくれました。本記事では『マネジメント』の内容をもとに、これらの関係を図解します。

まずはじめは、組織と社会の関係について。

組織と社会

組織が存続・発展できるのは、社会がその存在を認めているから。

組織は製品・サービスなどを通じて社会に貢献することで、自由な活動と、存続・発展が許されます。

ドラッカー図解 マネジメント 1

したがって、社会に貢献しない組織、不祥事など社会に悪影響を及ぼす組織は、存続・発展ができません。

つづいて、ここに個人と組織の関係を加えてみます。

個人と組織

個人は、仕事を通じて自己実現することで、組織に貢献します。

それに対して組織は、個人に社会貢献と自己実現の機会、生活に必要なお金や社会的地位を与えます。

ドラッカー図解 マネジメント 2

働くとは ── 仕事を通じた自己実現なのだと僕は解釈しています。そのためには、自分がやっていて意義があることを仕事にする必要があります。

マネジメント

マネジメントはこの枠組みの中でどこに位置するでしょうか?
マネジメントは組織に十分な成果をあげさせるための機関という位置付けになります。

ドラッカー図解 マネジメント 3

以上が、マネジメントと社会・組織・個人の関係です。

今回のまとめ

ドラッカー図解 マネジメント 4

つづきを読む

今回は大枠の関係を示しました。次回はマネジメントの役割を紹介します。
次の記事:〈ドラッカー図解〉マネジメントの役割とは

ドラッカー図解シリーズ目次